アダラートと男医

アダラートは年齢を問わずに使える

高血圧の改善をするアダラートは、幅広い年齢層が服用できる薬です。身体中や心臓の血管を拡げて、血流を良くします。この薬は高血圧だけではなく狭心症にも作用します。高血圧を放置しておくと、心臓病や脳卒中、腎臓病にも繋がる恐れがあるので、なるべく早く対処しましょう。高血圧は血管への負担が大きくなります。何のケアもせずにいると、
アダラートは若い人からお年寄りまで、合併症を持っている人でも服用できます。高血圧はめまい、体の火照り、耳鳴り、動悸、頭痛などを引き起こします。血管のダメージを和らげるためにも、血圧が高い人は服用しましょう。
年齢層に関係なく服用できるアダラートですが、妊娠している人や心臓疾患、腎臓病を抱えている人は医師に相談した上で服用しましょう。利尿剤や降圧剤を服用している人は血圧が下がりすぎてしまう場合があります。血圧が低下しすぎてしまうと、体への負担も大きくなってしまうので、必ず医師に相談してください。
アダラートを服用するときには、水や白湯で飲むようにしましょう。グレープフルーツジュースで飲んでしまうと、血中のアダラート濃度が上がってしまい、反射性頻脈を起こす可能性が上がります。高齢の人はもちろんですが若い人でも反射性頻脈になる危険性はあるので、注意してください。
降圧剤にはARB、カルシウム拮抗剤、ACE阻害薬、β遮断薬、α遮断薬、αβ遮断薬などがあります。アダラートはカルシウム拮抗剤の部類です。カルシウム拮抗剤の副作用は顔の火照り、動悸、頭痛、むくみ、便秘などが確認されています。服用した後にグレープフルーツを食べたり、果汁ジュースを飲んでしまうと、これらの副作用が強く表れます。